朝の体操(1月)

072-886-2022
お知らせ
お知らせ

information

朝の体操(1月)

  • 19.01.31

    2019年が明けて早くも1カ月が経ちました。

    年々月日の流れが早く感じるのはときめきが少なくなっているからだそうです。子供のころのようなときめきを多くすることで月日がゆっくり流れるだけでなく、日々がより楽しいものになるかもしれません。

    さて朝の体操ですが2019年最初のテーマは「しっかり立つ」です。

    人は2足歩行ですので当然全体重は足の裏にかかっています。その小さい足で体全体を支えていますが足全体を使えている方は意外と少ないかもしれません。特に女性でヒールの高い靴を履いたり、サイズの合っていない靴を履いている方は指が浮いてしまう、「浮き指」になっているかもしれません。正しく指や足裏を使えていないことで外反母趾や内反小指、変形性膝関節症や腰痛などさまざまな疾患や痛みを引き起こします。

    そこで今月は足裏をしっかり使うと同時に、足裏を使いながらのエクササイズを行いました。

    まず1週目は足裏を感じることです。以外と指がしっかり接地しているかや、どこに体重がかかっているかなどは意識しないと気づきません。特にケガをされた方などは左右差が大きくなっていることがあります。みなさんそれぞれの気づきがあったかと思います。

    2週目は足裏を意識して左右に振り返る動きです。動き自体は簡単ですが、振り返る動きに対して足裏がしっかり使えているかなどを探索しました。しっかり接地することで安定した動きになることは言うまでもありませんが、体の他の部分への負担も減らしてくれます。

    3週目は足裏をしっかり接地した状態でスクワットを行います。足裏にタオルがあると想像してそのタオルを引きちぎるように力を入れます。そのままスクワットをすることで大殿筋や中殿筋を効果的にトレーニングすることができます。

    4週目は歩く際の足首や膝の使い方です。地面を蹴る際にどこで蹴っているか。小指か親指か、真ん中か?などそれぞれの癖を修正していきました。

    毎日する動きだからこそ小さな歪みが積もり積もって痛みやケガに繋がってしまいます。普段より終わってからの意見や質問が多かった印象ですので皆さんに少しは興味を持って頂けたかなと思います。

    2月はあまり習うことがないマニアックなストレッチを行っていきたいと思います。

    理学療法士 岡田祐介

pagetop