5月の門真市健康教育講座が開催されました

072-886-2022
お知らせ
お知らせ

information

5月の門真市健康教育講座が開催されました

  • 19.06.03

    5月31日(金)に門真市保健福祉センターにて健康教育講座が開催されました。

    今回は「あなたの血圧 大丈夫?」と題しまして、当院の院長が講演いたしました。

    約20名の方が参加され、高血圧の原因や治療法、薬の飲み方など、普段なかなか聞けない内容に耳を傾けておられました。

    1551406365866.jpgのサムネイル画像

    今年の2月には糖尿病の話をしましたが、糖尿病と並んで罹患率が高い生活習慣病が「高血圧症」です。

    高血圧症は未治療の方も含めて全国に約4300万人おられると推計されています。その中でも生活習慣病が原因とされているものは全体の約9割とされています。塩分の過剰摂取や肥満、飲酒、喫煙などさまざまな原因がありますが、糖尿病と同じく、放置していると脳卒中や心臓病などの合併症を引き起こす可能性が高くなります。また講義の中では高血圧改善の取り組みとして、これらの生活習慣の是正と並行して、家庭内での血圧測定が大切であるとの話もありました。

    家庭で血圧を測る際の注意点としては

    ①決まった時間(朝であればトイレに行って2分~5分安静にした後)

    ②同じ腕

    ③同じ姿勢

    で測ることが重要です。

    その他にも薬を飲み忘れてしまった際などの対処法などもお話もありました。

    講義の後は恒例となりました、運動の時間です。

    今回は自宅で気軽にできる"からだリセット術"ということでゆったり無理なく身体を動かしていきました。

    緩く小さい動きのため物足りないと感じた方が多くおられたかと思いますが、普段から不必要な力を入れておられる方が多く、力を抜くという体験をしていただけただけでもよかったのではないかと思います。

    IMG_0124.JPG

    どんな運動か体験したい方は門真市民プラザで開催しております、ココロとカラダのリラックス体操にお越し頂ければ幸いです。

    高血圧症は投薬や生活習慣を改めるだけで、怖い合併症を防げる可能性が高くなります。投薬だけではなく、運動、栄養の見直しが合併症の予防には重要です。毎日の意識付けや小さな取り組みが大きな効果を生み出します。少しでも不安に感じたり、わからないことがあればご相談ください。

pagetop