トップページ > お知らせ・トピックス > 糖尿病重症化予防フットケア研修に参加しました

糖尿病重症化予防フットケア研修に参加しました

2018年11月27日

8月から3日間に渡り行われた「糖尿病重症化予防フットケア研修」を受講してきました。

途中、台風の影響で延期になり3か月もかかりました(^^;

長年フットケアに関わってきましたが、新たな知識と技術を学ばせていただきました。

糖尿病の方が、「一生自分の足で歩く」ことを目標にして、フットケアに取り組んでいきたいと考えています。

☆☆☆☆☆フットケアの方法☆☆☆☆☆

糖尿病の合併症のひとつとして、足病変があります。重症になると足を切断しなければならないことがありますが、日常生活でご自分の足を気にかけて、ケアすることで足病変の予防につながります。大切な足を守るために、日々足のケアをすることをフットケアと言います。

●毎日足を観察しましょう

●足の清潔を保ちましょう

●爪は切りすぎないようにしましょう

●自分の足に合った靴を履きましょう

素足を避け、靴下を履いて、傷から足を守りましょう

●やけどに注意しましょう

●自己処置は大変危険です。もし傷ができてしまったらすぐに医療機関を受診しましょう

(※糖尿病情報センターホームページより引用)

Copyright© ふくいクリニック. All Rights Reserved.