トップページ > 診療内容

診療案内

内科一般

内科的な疾患はいろいろな自覚症状で始まり、重大な病気の前兆のこともあります。ささいな症状だと思っても一度ご相談下さい。

急性疾患
風邪、発熱、腹痛、下痢、めまい、インフルエンザ、扁桃腺炎、肺炎、急性胃腸炎など
慢性疾患
貧血、頭痛、便秘、不眠症、胃・十二指腸潰瘍、逆流性食道炎、肝臓病など

循環器内科

狭心症、心筋梗塞、弁膜症、不整脈などの心臓の病気や、大動脈瘤、閉塞性動脈硬化症などの血管の病気を診察します。

高血圧、糖尿病、高コレステロール血症、肥満症、睡眠時無呼吸症候群などの生活習慣病の診断治療を行います。

心臓リハビリテーション
狭心症、心筋梗塞、慢性心不全、閉塞性動脈硬化症等の疾患を対象に循環器専門医による心臓リハビリテーションを行っております。

腎臓内科

健診で指摘される尿蛋白、尿潜血や尿の泡立ち、むくみを認める方

その他、腎臓に異常があると言われた方

心臓リハビリテーション

関西医科大学健康科学センターとの連携により、当クリニックでの心臓リハビリテーションを行うことができます。

手足のむくみ、肩こり、腰痛、ストレスの解消・更年期障害の症状の改善などに対し、スーパーライザー(近赤外線治療器)を導入しております。
温熱効果、手足の血流アップはもとより脳血流改善効果も期待できます。

漢方内科

既存の治療で効果が出ない場合や冷え性、しびれ、疼痛などに漢方治療を取り入れています。

例えば、一言で風邪といっても、のどが痛くなる場合、鼻水がきつい場合、頭痛を伴う場合、腹痛を伴う場合、咳が出現しこじれてきた場合...などなど様々な症状があります。漢方薬はそれぞれの症状に一番適した薬を選択することが可能です。結果、症状がより早く軽減し、病気が少しでも早く治ります。 もちろん、体調を崩されて来院するまでのタイミングや、風邪をひいてから漢方薬を飲み始めるまでの時期によっても、薬の選択が変わってきますので、詳しくはご相談ください。

また、漢方薬は、エキス剤(顆粒や錠剤)を用いておりますので、昔ながらの煎じて濾すような作業はいりません。また、顆粒が苦手な方に対しても、漢方薬の種類によっては錠剤やカプセルも用意して、できるだけ服用しやすいよう工夫しております。

インフルエンザ・肺炎球菌などの各種予防接種

  • インフルエンザ
  • 肺炎球菌ワクチン など

施設案内

Copyright© ふくいクリニック. All Rights Reserved.