トップページ > 心臓リハビリテーション

当院における運動療法

当院では心臓リハビリテーション腎臓リハビリテーションを行っております。

心臓リハビリテーションは、狭心症、心筋梗塞、慢性心不全、閉塞性動脈硬化症、開心術後の心臓疾患に対して行いますので、これらの病気の患者さんが対象となります。

腎臓リハビリテーションは、血液透析患者さんに対し、透析中に行っております。透析中だけの運動で効果あるの?と思われる方もおられるかと思いますが、透析中に行った運動メニューを覚えていただき、自宅でも同様に継続して運動療法を行うことで、身体活動や筋肉量を向上させ、寝たきり長生きではなく元気に長生き出来ることを目的にしております。

心臓リハビリテーションについて

透析専門医 福井政慶院長

心臓リハビリテーションは、狭心症や心筋梗塞の急性期の治療後、あるいは閉塞性動脈硬化症の患者さんに対し、運動を含めた生活習慣の調整と心臓に対する正しい知識を得ることで、病気の再発を防ぐことを目的としております。
心臓リハビリテーションって?という方は、下記のPDFファイルをご覧ください。

心臓リハビリテーションってなに?(PDFファイル)

心臓リハビリテーションのメリット

1.運動能力・体力が向上します。
運動療法により日常生活で症状が出にくくなります。
2.骨格筋機能が改善します。
運動療法により筋肉の量が増え、質も良くなり、楽に動けるようになります。
3.血管が柔らかくなります。
血管が広がりやすくなり、手足が温かくなります。身体の隅々にまで新鮮な血液を運ぶことができるようになるため、筋肉への栄養補給もスムーズになります。
4.自律神経が安定します。
心臓病では自律神経が活性化されております。これは不整脈の発生とも関係し、血栓塞栓症の原因にもなりえます。運動療法により自律神経が安定し、動悸や血栓の心配を減らすことができます。
5.生活の質が改善します。
生活の質とは、やる気、希望、日常生活の快適さなどのことです。85%の患者さんが「運動療法によって仕事への満足度、家庭生活、性生活が改善した」と報告しています。
6.精神面においても良好な効果があります。
心臓病の患者さんの40%が精神的に不安定(うつ状態)になるといわれています。精神的ストレスは、時に動脈硬化病変を不安定にします。運動療法は不安定な精神状態を改善してくれます。抗不安薬の使用頻度も減少します。
7.再入院率および医療費を減らします。
心臓リハビリテーションは、心臓手術後の再入院率、およびそれに伴う医療費を減少させます。再入院の回数が減ると同時に、入院中の医療費も削減できます。

心臓リハビリテーションの適応となる疾患

急性心筋梗塞、狭心症発作その他の急性発症した心大血管疾患又はその手術後の患者
※急性心筋梗塞、狭心症、開心術後、大血管疾患(大動脈解離、解離性大動脈瘤、大血管術後)の者
慢性心不全、末梢動脈閉そく性疾患その他の慢性の心大血管疾患により、一定程度以上の呼吸循環機能の低下及び日常生活能力の低下を来している患者
※慢性心不全であって、心機能が低下している状態の者
※末梢動脈閉塞性疾患であって、間欠性跛行を呈する状態の者

心臓リハビリテーション指導士とは

心臓リハビリテーションは単に運動療法のみを行っていれば事足りるものではなく、食事療法や禁煙指導を含めた包括的リハビリを目指すべきであり、そのためには、医療専門職間の連携や共同作業(チーム医療)が必要となります。また、チームが円滑に機能するためには、心臓リハビリに関する共通認識と知識や用語の共有化、定期的なカンファレンスやミーティングなども行う必要があります。(心臓リハビリテーション学会ホームページより抜粋)このような状況の中、心臓リハビリテーション指導士はその中心となって活動しております。
当院では心臓リハビリテーション指導士が2名常勤しております

虚血性心疾患の再発を防ぐために…

再発を防ぐ6つのポイント

  1. 禁煙   ⇒禁煙外来を行っております。
  2. 自分に合った運動 ⇒心臓リハビリテーションを行っております。
  3. 正しい服薬  ⇒病態に見合った処方を行います。
  4. 食生活の見直し ⇒「ま・ご・わ・や・さ・し・い」食事指導を行っております。
  5. 病気の理解  ⇒わかり易い説明に心がけております。
  6. 定期的な検査  ⇒心電図検査、レントゲン検査はもとより、心エコー検査、運動負荷検査も行っております。

心臓リハビリテーション 受診の流れ

対象疾患は、冠動脈形成後(PCI後)、開心術後、低心機能患者、または閉塞性下肢動脈硬化症となります。

具体的な基準は下記にお示しいたします。

  • PCI後(心筋梗塞・狭心症発症後3か月までの患者様)
  • 慢性心不全(EF40%以下もしくはBNP80pg/ml以上の患者様)
  • 閉塞性下肢動脈硬化症の患者様
  • 冠動脈バイパス術後・弁膜症術後3か月までの患者様

受診から運動療法開始までの流れ

1.診察・運動負荷試験予約
まずは、ふくいクリニックに受診してください。
※現在通院されている医院から診療情報提供書をもらってご準備ください。
運動負荷試験日を予約します。
2.運動負荷試験実施
自転車エルゴメーターによる運動負荷試験を行います。
負荷試験結果を元に運動プログラムを作成します。
3.運動療法開始(後日)
後日、予約外来にて運動療法開始となります。
定期的に運動プログラムの見直しを行います。

心臓リハビリテーションの流れ

有酸素運動や筋力トレーニングを行います。

※運動の内容は個々に応じて調節いたします

※運動負荷試験の結果次第では心臓リハビリ適応外となる場合もありますがご了承ください。

ご不明な点などお気軽にお問い合わせください。
ふくいクリニック TEL:072-886-2022

Copyright© ふくいクリニック. All Rights Reserved.