朝の体操(8月)

2018年8月30日

まだまだ残暑厳しい中ではありますが体調不良なく過ごされているでしょうか。

今年の夏はセミの声が聞こえなくなるのが早いような気がしますが、そう感じているのは私だけでしょうか。

さて朝の体操ですが8月もお盆を除き4回開催しました。

今月は骨盤底筋と呼吸というテーマでレッスンを行いました。骨盤底筋は普段ほとんど意識することがない部分ですので、多少戸惑いもあったかと思います。骨盤底筋は巷でよく話題になりますが、腰痛などと深い関係があります。特に女性では出産後などは緩みやすくなるので、出産をきっかけに腰痛を発症される方もおられます。少し意識しにくい内容ですがそれぞれの気づきが生まれたかと思います。

呼吸に関しては骨盤よりも意識しやすかったかと思いますが、案外自分の呼吸には関心がないものです。呼吸は本来"鼻"で行ないますが、"口"で呼吸をされている方が多いです。鼻呼吸にするだけでも、感染予防になり、喘息の改善や持久力の向上などが見込めるという研究もあります。時間がある時に自分の呼吸に目を向けることはリラックスにもなりますし、やってみてもいいかと思います。

3カ月に渡りフェルデンクライス・メソットを中心に実施してきましたが、9月からは少し志向を変えて、お互い楽な介助術を学んでいきたいと思います。3カ月行ってきた内容を活かしながら介助法や腰痛予防のためのレッスンを行います。普段の業務に少しでも活かすことができれば、患者さんにも気持ちよく通院していただくことができると思います。今後ともよろしくお願いいたします。

理学療法士 岡田祐介

Copyright© ふくいクリニック. All Rights Reserved.